借金してまで投資をするな

投資は借金してまでするべきではありません。

学生ローン.com

学生ローン比較

初めての学生ローン

学生専用クレジットカード

初めてのクレジットカード

ローン・キャッシングQ&A他

リンク集


近年、デイトレーダーや数々のファンドの存在、企業の投資による利益拡大などから、株などの投資話に注目が集まっています。また、楽に金儲けができると錯覚に陥りやすい若者にとっては興味を持っている方も多いです。ここでは、投資についての筆者の考えを述べていきます。

投資をするなら借金をするな

投資は簡単に言えばギャンブルです。プラスがあってもマイナスがあります。投資額以上の損害は基本的に生まれませんがそれはパチンコでも一緒、借金をしてまで投資をし損害を得た場合残るのは借金です。

それに確実に利益がでるかなんて誰にもわかりません。それでも「絶対儲かる」などと謳っている相手には、損した場合の法的に権限のある誓約書を作成し捺印させてみてください。ほとんど拒否されるでしょう。誰も未来を確実に読む能力は持っていません。

投資というものは、ある程度の富を得ていたり、一時的にでも余裕を持った場合、余裕のある金の中で行うものであって、利益のために生活が厳しい状態で行うものではありません。ましてや借金をしてまでなんておろかです。

投資は、ギャンブルです
それでも投資したいなら、長期保有しないと意味が無いのでいつ利益を得られるかわからない国債でも買ってみればいいでしょう。借金のリスクを犯してまでは筆者はオススメしませんけど

詐欺を見極める

同時に投資を餌に詐欺行為を行う投資詐欺が増えてきています。参考までに見極め方を掲載します。

  • とにかくしつこい
  • うたい文句が今がチャンス
  • プライベートなことを聞いてやたら賛同する。

これは相手が見知らぬ人の場合です。
こういう詐欺の場合、顔見知りが話を持ってくることも良くありますが、話を持ってくる人自信が洗脳されてしまっている場合があり、その場合の相手は

  • 妙に誇りを持っている
  • 感謝してくれというような上から目線
  • 急にやたら専門用語を使うようになった
  • 「お前の為に」「一緒に成功」
  • その話ばかりする

一概にはいえませんがこのような言動が多くなります。
参考までに頭に入れておきましょう。

Copyright (C) 2006-2013 学生ローン.com All Rights Reserved.